ジストニア友の会で講演を行いました。

当院の旭医師が「ジストニア友の会」に参加し、講演を行いました。 ジストニアとは脳の機能異常により筋肉が自分の意図とは違うようにこわばり収縮してしまう疾患です。たとえば、手が震えて字が思ったようにかけない(書痙)、スポーツ時に特定の動作ができなくなる(イップス)症状など様々なものがあります。 当講演ではジストニアに対する、手術治療やハンガ一反射による治療を紹介いたしました。 当院…

続きを読む

書籍紹介

脳神経外科 旭が編集者の1人となっている 「メディカルチームのための ニューロモデュレーション治療 完全ガイドブック」が発売されました。 書籍の内容は以下のとおりです。(アマゾンより引用) デバイスを用いて痛みを抑えるニューロモデュレーション治療は, 手術だけでなく, その後の管理が重要で, 医師・コメディカルがそれぞれの役割を果たしながら治療を進めていかなくてはならな…

続きを読む

『Clubism』の記事が完成しました!

先日、取材をうけた月刊『Clubism』の記事が完成しました! 著作権の関係で内容はお見せすることはできませんが、 脳卒中の治療や脳ドックの重要性についてとてもわかりやすく書いてあります。 当院の写真や先生もばっちり写っていますね(#^^#) 脳卒中は大きくわけて「①脳梗塞(詰まる)」「②脳出血、③くも膜下出血(出血する)」の3種類ですが、くも膜下出血に関して40~50代女性の発…

続きを読む