ジストニア友の会で講演を行いました。

当院の旭医師が「ジストニア友の会」に参加し、講演を行いました。

ジストニアとは脳の機能異常により筋肉が自分の意図とは違うようにこわばり収縮してしまう疾患です。たとえば、手が震えて字が思ったようにかけない(書痙)、スポーツ時に特定の動作ができなくなる(イップス)症状など様々なものがあります。

当講演ではジストニアに対する、手術治療やハンガ一反射による治療を紹介いたしました。

当院は、全国でも数少ない上記治療が行える病院です。
詳しくは以下のリンクからご覧ください。


【FA通信第31号】
DFA通信第31号(PDF)

【当院の取り組み】
視床凝固術、脳深部刺激療法(DBS)


名称未設定-2.jpg

この記事へのコメント