岡山大学の上利先生にご講演していただきました。

平成29年3月28日に岡山大学の「上利 崇」先生にご講演していただきました。
上利先生は「ニューロモデュレーション療法」を専門に20年以上のキャリアをお持ちです。
講演のテーマは「難治性疼痛に対する脊髄刺激療法-Update」でした。

02.jpg

01.jpg

脊髄刺激療法とは、Spinal Cord Stimulation(SCS)と呼ばれ、
脊髄に微弱な電気を流すことで難治性の痛みを緩和する外科的な治療方法のひとつです。

講演では、脊髄刺激療法の概要や治療の流れ、症例などを約1時間わかりやすく説明していただきました。

脊髄刺激療法は痛みが治まるメカニズムなど、まだまだわかっていないことも多いそうですが、未来を感じさせる治療法でした。

治すのが難しい痛みと共に生活を送るのは、
本人にしかわからないとてもつらい事だと思います。
このような方が1人でも多く救われることを願います。

上利先生、ご講演誠にありがとうございました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック