「平成28年度パーキンソン病友の会 勉強会」にて講演を行いました。

平成28年7月23日(土)「平成28年度 パーキンソン病友の会 勉強会」にて
当院の脳神経外科部長 旭より「パーキンソン病に対する最新の脳深部刺激療法(DBS)」と題する講演が行われました。

この勉強会は「金沢市松ケ枝福祉館」で開催され、参加者は80名でした。
主にパーキンソン病友の会の会員や、患者さんとそのご家族が参加されておりました。

講演は約1時間で、内容は次のとおりでした。

「DBSについての説明」

「実際に手術した患者さんについての紹介」

「最新のDBS装置の紹介」

「DBSを受けるタイミング、適応」

などです。

会場からは、

「説明が非常に分かりやすかった」

「DBSのメリット、リスクの話が聞けてよかった。」

などのご意見が多数ありました。


今回参加していただいたパーキンソン病患者さんは石川県内のごく一部であり、まだまだDBSに関する啓発活動が必要です。

間違った知識や治療法を知らないことで治療の機会を失ってしまう患者さんが少しでも少なくなることを願っております。

DSC_0248.jpg

DSC_0247.jpg

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック